月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田急 ケイプアイボリー&ロイヤルブルー 40周年

<<   作成日時 : 2009/01/06 19:47   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

今年、小田急電鉄において、一般車のカラーリングにケイプアイボリーとロイヤルブルーの現行塗装が初めて採用されてから、40周年を迎える。

画像

お隣を走るため、何かと比較されやすい京王帝都電鉄が、昭和38年に5000系において、アイボリーにエンジの細帯を身に纏って、華麗なデビューを飾っている。

画像

京王に後れること6年。小田急においても新標準色が制定されることになった。

画像

小田急新標準色が、京王5000系のカラーリングをヒントにしたものかどうかはさておき、小田急の新塗装は、ロイヤルブルー部分に太帯(300ミリ)が採用されたことにより、インパクトが増し、コーポレートカラーとして、小田急のイメージを形成することに成功している。帯を太くするアイディアは、取締役会における廣田社長の発言によるものだったとか。当時、鉄道車両に巻かれる帯は細帯が主流だった。

画像

特に、特急ロマンスカーのカラーリングとは、敢えて違う塗色をコーポレートカラーとして成長させた点は、会社として勇気のいることだったのではないか。新標準色は、ロマンスカーと対比させる狙いがあったらしく、なるほど、一般車を軽快なカラーリングとすることで、特急ロマンスカーが、より一層、重厚で、一目置く存在に映るようになった。

画像

それまでの小田急一般車には、ダークブルーとイエローの、重いトーンのカラーリングが採用されていた。そのため、アイボリーとブルーはとても斬新で、沿線住民には、扇情的な出来事だったそうだ(筆者は小田急新標準色制定の頃を知らないが、つくば科学万博を機に、交直流色からホワイトに塗り変えられた、常磐線中距離電車を初めて見た際、似たような経験をしている)。

画像

もし、営団地下鉄千代田線乗り入れ用の9000系にまで、旧塗装が採用されていたら、9000系のイメージは、また違ったものになっていただろう。いや、あの斬新なフロントマスクは、ケイプアイボリーとロイヤルブルーのカラーリングがあったからこそ引き立った。

画像

なお、小田急において、ケイプアイボリーとロイヤルブルーの新標準色が初めて採用されたのは、5000系とする向きが多く、筆者も2007年5月にこちらの記事で、「5051×4は38年前,アイボリーにロイヤルブルーの現行色が,初めて採用された編成である」と記述した。しかし、今回本稿を書くにあたって調べてみたところ、5051×4のデビュー半年前の1969年4月に、2655×6が新標準色で営業に就いていたそうで、小田急におけるケイプアイボリーとロイヤルブルーの初採用は、実は、2600系である。

画像

ステンレス車体の導入により、基本色のケイプアイボリーが見られるのは、5000系と8000系のみとなった。クリーム味を帯びたケイプアイボリーには、沿線住民として、どこか親しみが感じられ、アットホームな色として映る。帰宅時に、アイボリーを見ると、本当にホッとするものだ。

画像

一方、ロイヤルブルーは、ラインカラーとして、ステンレス車にも引き続き採用されている。ステンレス車やアルミ車導入を機に、それまでと異なる色を採用する例もある中で(西武6000系、相鉄6000系アルミ試作車・7000系など)、火花をイメージした色とされるロイヤルブルーは、機能的なステンレスボディにも映えた。300ミリのロイヤルブルー帯は、アクセントとは違う、さりげない主張が感じられ、太帯の採用には、先見の明があった。新4000系では、ブルーのトーンが若干変わり、明るめになったほか、フロントマスクは一面ブルーでアピールするようになる。

画像

小田急のシンボルである、ケイプアイボリー&ロイヤルブルー。今でも古さを感じさせず、飽きのこないカラーリングである。関東私鉄では、京浜急行電鉄に次ぐ、40年のロングカラーとなった。ステンレス化の中で、ケイプアイボリーは数を減らしつつあるが、ロイヤルブルーと共に、いつまでも輝き続けて欲しい。


【参考文献】 鉄道ピクトリアル 2002年12月増刊号アーカイブスセレクション2 小田急電鉄1960〜70

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、こんばんは(^O^)
小田急の通勤車は、やはり原色が似合ってイメージがありますね。
けんまる
2009/01/06 21:11
ブルーのふと帯、国鉄ブルーライナー色はこれをパクッタのでしょうかね(謎)
としおちゃん
2009/01/07 19:35
こんばんは〜
小田急といえば白に青、京王が白に赤・・・
このイメージが強いですね〜
(って、生まれた頃にはコレでしたしw)
ドラ猫
2009/01/07 23:52
皆さん、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
風邪をひいてしまい、お礼を申し上げるのが、遅くなりました。
ツキだっ!
2009/01/11 23:10
ご無沙汰しておりますm(__)m
小田急というとこの車両5000系をイメージしてしまいます。好きな車両のベスト10に入ります(^^♪
白地に青のラインは地元東武車もそうですが、やはり小田急はおしゃれですね。
※風邪の方はいかがでですか?
コットン
2009/01/27 23:45
コットンさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
小田急がこの塗装を導入後に、常磐線や東武線などで、同系色のカラーリングが採用されました。汚れの観点から維持が大変かと思いますが、良い配色ですよね。
ツキだっ!
2009/01/29 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田急 ケイプアイボリー&ロイヤルブルー 40周年 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる