月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 関東鉄道のキハに魅了させられて…

<<   作成日時 : 2008/11/02 21:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
関東鉄道水海道車両基地の一般公開が行われたので、見学して来た。

筆者にとって、水海道車両基地はとても思い出深い。というのは、2年前の冬に、運転体験会に参加し、キハ2400キハ350を運転したからである。鉄道ファンである以上、誰もが一度は列車を運転してみたいと思うが、その願いを叶えてくれた。

画像

ところで、その際、構内にDD502機関車が留置されていて、許可を得て写真に収めたのだが、その出来があまり良くなかった。そのことがずっと頭にあり、もう一度、改めて撮影したいと思っていた。以上が、今回水海道に足を運んだ動機である。

画像
画像

姉妹車両であった筑波鉄道のDD501が、“つくば号”を牽引し、鹿島鉄道のDD901が、やはり“パンダ号”としての国鉄12系客車を牽引したなどに対し、関東鉄道のDD502は、貨物列車牽引に徹した地味な機関車である。貨物営業廃止後は、活躍の場面が限られているようだが、ロッド式台車を今に伝える貴重な機関車で、車籍を有しているだけでも有難い話だ。真岡鉄道のSL列車を下館で継走し、守谷までDD502が牽引したら、話題になりそうだ。

画像

キャブに入れてもらうことも出来て、大満足である。運転室は狭いのではないかという先入観があったが、意外に広い。

画像

こうして、水海道訪問の所期の目的は達成したのだが、構内に並べられたキハ350の誘惑に、負けそうになる。順光線上にあって、撮影者もあまり多くないため、良い条件に恵まれた。

画像

現在、これだけまとまった数のキハ30・キハ35が見られるのは、全国でも関東鉄道だけである。それに加え、塗装のバリエーションが多いため、撮影していて楽しい。

画像

今回は、前年のアンケート結果をフィードバックし、方向幕の行先設定リクエストに応えてくれるそうで、快速表示なども掲出された。ただ、意外性のあるコマは収録されておらず、リクエストする人もあまりいなかった。そこで、筆者が「ワンマン表示の折りたたみ」をお願いしてみたところ、快く応じて下さった。

画像
↑ 一度で良いから、キハ350の快速列車に乗車してみたい…


画像

帰りは、敢えて駅までの無料シャトルバスには乗らず、基地周辺を一回りする。筑波鉄道からの転入車キハ301がいたほか、検査を終えてこれから試運転するらしいキハ310型が、塗装されたばかりの実に美しい姿で留置されて、魅了させられる。しかも、西日がキハ310型を強く照らし、まるで新製直後を思わせるかのごとく、最高のステージを演出してくれた。

画像

そのうち、展示車両の入れ換えが始まり、関鉄標準色とスカイブルーの間に挟まれて展示されていた旧塗装編成が、スカイブルー編成が南方に引き上げたことにより、編成全体の姿を現した。西日によって美しく輝き、思わず生唾をゴクリと飲み込む。

画像

20年ほど前の関東鉄道は、車種のバリエーションが豊富で、常磐線の車窓から、“取手けいりん”の車体広告が入った関東鉄道の気動車を何度も見た思い出がある。2扉車も混在し、雑多な印象があったが、実に楽しかった。紀勢本線直通用の南海“きのくに”や、御殿場線直通用の小田急キハ5000型・5100型も、ここ関東鉄道でその生涯を終えている。

画像

今では、車種統一が進み3扉ロングシートに統一されてしまったが、近代化されたその統一感も、また好きである。しかもその統一感が、ステンレス車体によるものではなく、塗装車体によってのものであるから、満足に映るのだ。

画像

守谷でTXから乗り換えた際、タッチの差で乗り遅れてしまい、出鼻を挫かれたが、後続の列車がキハ310型で、旧型車に乗車する機会が得られたので、結果は良かった。ワンマン化の際に、キハ310型にも、ドア鴨居上部にLED旅客案内表示が設置されたほか、シートモケットも交換されていて、良く整備されている。こちらも気を良くして、帰路は取手まで関東鉄道常総線を利用した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
トップの3つ並び、イイですね〜!
水海道はいつ行ってもいい光線状態で撮れるのが、マニア泣かせのなんとも嬉しい車庫です。
全国的にDMH17世代の気動車が壊滅状態な中、関東近郊でこれだけまとまって見られることは大切にしたいですね。
たろう
2008/11/03 13:28
たろうさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
水海道は,いつ行っても,何時間見ていても,飽きないですね.
ツキだっ!
2008/11/03 21:33
千葉では変わり者気動車が現役として知られる久留里線、しかしやはり非冷房がたたって限界が近づいているようです。また、JR東では新車導入とセットでワンマン化を推進していく意向があるようで、久留里線にも近年その波が訪れる可能性が有ります。

さすがの動労でさえも、新車への置換えを要望しているとのことである。運転手さんが夏には気分を悪くしてしまうほどの暑さだそうだ・・・・・。(動労公式HPより)冷房があるキハ38も、あまりエアコンは効かなくて暑い。しょっちゅうエアコンが故障するという。
M
2008/11/09 10:07
Mさん、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございました.
ツキだっ!
2008/11/09 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
関東鉄道のキハに魅了させられて… 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる