月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 事業用車が好き!

<<   作成日時 : 2008/08/16 02:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

事業用車両が好きだ。少数で、普段あまりお目にかからない点と、営業用と区別するため、独特のカラーリングが採用されているほか、個性的なスタイルが魅力的である。

また、新造のほか、改造によって調達される場合も多く、事業用に改造された結果、営業用に比べ永い間、活躍を続けるケースも多い。

今回は、各社の事業用車の写真を集めてみた。

■ 923型 “ドクターイエロー”
画像

言わずと知れたドクターイエロー。永いこと0系ベース922型にて運用されていたが、2000年に270km/h対応の923型に置き換えられ、定期的に運用されている。
今後、800系新幹線のように、通常の旅客車に検査機能を搭載した方式に変更になるとされており、専用編成による測定は見られなくなるかもしれない。

■ E926型 “East i”
画像

JR東日本のE926型・East i.E3系がベースになっているため、在来線区間にも乗り入れ出来る。こちらの運転は専ら平日で、サラリーマン泣かせの列車だが、先日、珍しく土曜日に運転され、記録する機会に恵まれた。それなのに、ノーズに架線柱の影が掛かり、情けない結果に終わっている。

■ E491系 “East i‐E”
画像

E491系East i‐E.撮影当日はご覧のように、マヤ50 5001を連結していたが、マヤ50を組み込むことによって、軌道・信号回路・架線に加え、建築限界の測定まで出来てしまうのだから、すごい。
スマートに見える車体とは裏腹に、マヤ50が重いのか、走りは意外に重々しい。

■ 143系・145系
画像

画像

画像

画像

首都圏の各電車区に配置される事業用車クモヤ143型。ATC線区での走行にも対応している。スタイルが似た101系機器流用のクモヤ145(画像上)もあるが、クモヤ143は新製された。
国府津区のクモヤ143は、昨年湘南色に塗装変更を受け、話題となった(2枚目画像)。
工場への入出場の際の伴車として、最寄り駅と電車区との職員輸送用など、幅広く活用されているが、変わった使用例として、169系“ホリデー快速やまなし号”運行の際に、横浜線東神奈川駅構内のATC区間通過のため、169系の先頭に連結されたことがあった。
143系には、荷物用途のクモニ143と、荷物・郵便用途のクモユニ143も存在するが、クモニ143は、現在は事業用に使用され、クモヤ143-50となっている(3枚目画像)。
写真下のスカ色はクモユニ143で、大井工場配置車は車籍なしの入れ替え用機材扱いになっており、現在は塗装変更を受けている。クモユニ143の後ろに見えるのは、資材運搬用クモル145で、近年は駅エスカレータ設置工事の際の、エスカレータ運搬に活躍したそうである。

■ 101系改造 “たんぽぽ号”
画像

大井工場の入れ替え動車“たんぽぽ号”。101系を改造した車両で、一部車体長を短縮しているほか、ズラリと並んだ長い手すりが特徴。
最近では後任のクモユニ143が主力のようで、湘南新宿ラインから見える“たんぽぽ号”の姿は、屋根が朽ち果てていて、痛々しい。とても、車両メンテナンスを請け負う施設に在籍する機材に見えない。

■ 103系105系改造 訓練車
画像

画像

画像

画像

写真のうち、上2枚は、東大宮訓練センターに配置された103系改造の訓練車で、高運車は中間モハの先頭車化工事を受けている。
下2枚の画像は、横浜支社と八王子支社に配置された訓練車で、仙石線で運用されていた105系600番台を改造したものである。
なお、ここでご紹介した訓練車は、最近いずれも209系改造車に置き換えられた。

■ キヤ95系 “ドクター東海”
画像

JR東海の在来線用検測車で、3連2本が存在する。この他、前面が似たスタイルのレール輸送用車もある。

■ クモヤ443系
画像

クモヤ193系の交直流版であるクモヤ443系。九州と西日本に在籍するが、JR西日本では、キヤ141型“ドクターWEST”が稼働を開始したため、今後の動向が気になるところ。

■ 弘南鉄道キ100型函館市交通局排型
画像 画像

雪国の鉄道ならではの除雪車。弘南鉄道のキ100は、国鉄からの譲受車である。
函館市電の除雪車は“ササラ電車”として有名で、排雪部分に「竹」を用いる。

■ 京急デト11・12型 デト17・18型
画像

画像

京急の資材運搬用電動貨車デト11・12型と、救援車デト17・18型。京急には、似たスタイルの事業用車が数両存在し、電車区の片隅に留置されている姿をよく見かける。1000系が改造タネ車なので、加速が意外に鋭い。

■ 小田急クヤ31形 “TECHNO-INSPECTOR”
画像

最後に、小田急のクヤ31形・“TECHNO-INSPECTOR”の写真。1000系の併結可能編成と連結して運用される。3000系がベースで、1000系はHSCのため、ブレーキ読み替え装置を用いる。
クヤ31形については、このブログ内で、今まで何度もご紹介しているので、併せてご覧頂きたい(こちら)。

関東私鉄には、上記の他に、東急と京王、相鉄・伊豆箱根鉄道にも同様の事業用車が在籍し、いずれも撮影してみたいと思っているのだが、運行情報が分からず、未だ撮影出来ていない。特に、東急のデヤは、大好きな7200系改造車で、ずっと撮りたいと思っており、時々、長津田に行くのだが、土休日はなかなか動いてくれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
霜取り列車 クモヤ143のお出ましだ〜い!
今年も篠ノ井線の霜取り列車の季節がやって来た。 ...続きを見る
月の鉄路
2013/11/09 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
湘南色やスカ色のクモヤしゃれっ気があっていいですね。西日本で見るのは、前に警戒色の付いたのばっかりです。
としおちゃん
2008/08/17 16:26
としおさん、いつもコメントをお寄せ下さり、ありがとうございます。
お礼を申し上げるのが遅くなりました。お詫びします。
ツキだっ!
2008/08/21 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
事業用車が好き! 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる