月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 東急池上線 夜の池上駅にて

<<   作成日時 : 2008/05/04 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

東急池上線は,18m車3連で運行される支線で,車両は多摩川線と共通運用である.ワンマン運転を行っていることと,TASCが採用されており,ホーム上の保安は,センサー式となっており,ホーム進入時と起動時は,運転台でモニタを行う.

車両は,かつては東横線などで活躍していた車両の転属によって賄われていたが,1000N系は支線用に開発され,池上線に投入された(当初は目蒲線で暫定運用).

そして,昨年,7700系置き換え用として,7000系が新製された.

東急7000系と言えば,PV台車のブレーキディスクがギラリと光る,日比谷線乗り入れ用のオールステンレスカーのイメージが強いが,新7000系は,今までの東急のイメージをガラリと変える,グリーンが採用された.

曲線が強調された造形の,憎めないフロントマスクは,コストダウン車両ばかりの首都圏では,なかなか親しみが持てる.

ただ,今までの東急の車両とは,イメージがまるで異なるため,少しだけ戸惑い,素直に受け入れ難いきらいもある.

画像

新7000系投入によって,1000N系が一部捻出され,上田電鉄に譲渡された.7600系や7700系でなく,1000N系が譲渡されるのは,順序が違うように思える.

画像

東急は,いずれ雪が谷所属の車両の大半を新7000系にするようだが,1000N系は18m車ということで,地方私鉄から引く手数多だろう.次の活躍先をあれこれ考えるだけで,楽しい.

画像

東横線8000系が引退した今,7600系と7700系更新車のいわゆる歌舞伎塗装は,貴重な存在となった.この歌舞伎塗装,筆者はデザイン的に優れていて,好きである.登場時,従来のイメージを踏襲しつつも,近未来的で洗練されたように見えた.

画像

7700系・7715Fが来た.

7700系中間車を先頭車化改造した異端編成で,先頭車化の際に1000系と同じフロントマスクが採用された.福島交通や水間鉄道などで見られる7000系譲渡車と似たイメージだが,貫通扉が設置されている点が異なる.

画像

1本のみ在籍で,蒲田寄先頭車は前部にシングルアームの集電装置が付く.しかも,アームのヒンジの向きが,運転台とは逆方向を向いている.故障が多いそうだが,この日は運用に就いていた.

なお,ここに掲載した画像は,いずれも,池上駅構内で撮影したものである.池上線は前述のようにホームセンサーが採用されていて,防護柵があるため,特に夜間は撮影し辛い.

そのため,他の利用者の邪魔にならないよう,コンデジで,三脚代わりのクリップを使用してバルブ撮影した.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
私たち、少数派 【私鉄編】
こちらで,JRの少数派車両(編成)をご紹介したが,今回は私鉄車両のレアな編成を採り上げてみた.なお,前回に引き続き,「少数派」とは,あくまでも筆者の主観によるもので,定義によるものではないことをお断りしておく. ...続きを見る
鉄道基準
2008/05/14 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東急池上線 夜の池上駅にて 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる