月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 183系9Bで運転 特急・新宿さざなみ号

<<   作成日時 : 2008/02/11 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

特急・新宿さざなみ号に乗車して来た.千葉17:23発―新宿18:07着で,普段はE257系あるいは255系が所定のところ,2月の3連休のうち2日間は千マリ183系で運転された.

動労千葉のサイトによると,千マリの183系は,3月改正で,4編成のうち3編成が除籍となるそうで,183系によるさざなみの運転は今回が最後になるかもしれない.

画像

そう思うと,急に,総武本線を行く183系に,惜別乗車したくなった.というのは,筆者は,外房線沿線にゆかりがあるため,183系の房総特急に何度も乗車したからである.

実は,今回の惜別乗車は,当日の朝,ふと思い立ってのことだった.幸い,えきねっとの画面は○を表示してくれており,迷わずキープと相成った.E257系5Bだと,オフシーズンでも着席の心配が付きまとうが,さすが183系9Bは輸送力が違う.

画像

17:21頃,千葉駅3番ホーム下り方に,見慣れたクリーム色の特急電車が姿を現した.グリーン車を組み込んだ,183系の堂々9両編成である.

千葉では当たり前の存在であった183系も,E257系500番台に置き換えられている.そのため,「見慣れた」という言葉は適切ではないかもしれないが,千葉の人間にとって,183系はとても身近な存在で,今でも過去の車両という気がしない.

画像

特に,千マリの183系は,2000年冬の改正でグリーン車の連結を取り止め,モノクラスで運転されていた.しかし,今回はグリーン車も組成されているため,正に「堂々」という言葉がふさわしい.

画像

僅かながらの停車時分を利用して,前面とサボを撮影する.そして,いよいよ車内へ.

当日は,千マリC1編成が充当されていた.上り方の先頭車はクハ189-500で,房総特急とは縁もゆかりもない車両であるが,車内・外観ともに183系と大きな違いはなく,今回の旅を楽しむにあたって,支障は何ひとつない.

画像

時間の都合で,千葉―新宿間の44分間の行程だったが,久し振りに,総武本線を183系で辿るのは懐かしく,いろいろな思い出が蘇ってきた.

画像

身延線から転入して来たワインレッドのクモユニや,京成の青電のさよなら運転を見たのも,この房総特急の車内からだった.国鉄時代は,夏になると冷房車の車内は,特急列車でもギンギンに冷えて,カーディガン持参で乗ったものだ.それでも,少年にとっては楽しいひとときだった.

大抵,祖母と一緒に乗ることが多かった.そんな祖母も,今では介護施設に入所しており,特急列車に乗って一緒に遠出など,夢物語となっている.

画像 画像

千葉発車時点で,1号車は50〜60%の乗車率.車内はゆったりとしている.夕焼けに照らされてシルエット状になった富士山が見える.

並走する緩行線の車型がE233系になり,錦糸町到着時のアナウンスに,「半蔵門線はお乗り換え」が付け加えられているあたり,往時とは異なるが,都会の風景なんて,変化が激しいように見えて,実はあまり変わっていない.

駅通過の際に鳴る警笛が,国鉄特急型独特の音色で,雰囲気抜群である.

画像

津田沼に船橋,錦糸町に秋葉原と,停車駅が多い.房総特急が京葉線経由になって17年が経とうとしており,その間に,房総特急利用者は蘇我―東京間のノンストップ運転(一部海浜幕張停車)にすっかり慣れてしまったことに気付く.

かつて,錦糸町の停車は,ATSからATCへの切替の理由も併せ持っていた.総武地下のATC−5型は,列車の方向が固定されていて,例えば,房総半島を1周して車両の向きが変わってしまうと,ATCが動作しない.西村京太郎さんは,「わかしお9号殺人事件」において,このATCの向きをミステリーに活かした.

そんな総武地下線も,現在ではATS−P化されている.

ところで,新宿さざなみ号は,総武地下線へとは進まず,錦糸町で緩行線に亘り,秋葉原に停車しながら,中央快速線を新宿まで行く.このルートは,かつての房総急行と同じである.これもまた,筆者にとってはこの上なく懐かしく,充実したひとときであった.これだけ楽しめて,特急料金1010円(指定席)は安い.

画像

筆者は,内房線の特急さざなみの乗車経験は,出張などで数えるほどしか乗ったことがないが,ただ,君津以南の普通列車格下げ区間では,何度も乗車した.

画像

車窓の海が美しくて,「これぞまさに列車旅」という楽しいひとときであった.普通列車運用では,駅停車の度に,電空切替のショックと,連動締切弁動作後の空気制動の強さが豪快だったことを思い出す.

画像

“さざなみ”は自動車道の整備が進み,いま苦境に立たされている.平日のデータイムは君津までの運転とされている列車が多い.

東京ドームに市ヶ谷のお堀端と,おなじみの光景が過ぎた頃,終着新宿駅到着を告げるアナウンスが流れた.

画像

鉄道唱歌のオルゴールを期待したが,鳴らなかった.国鉄特急は,遠くなりにけりである.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今の幕は、L特急マークないんですね…。
さざなみて、L特急マークでしよね。東日本さんL特急の称号廃止したのですね。
としおちゃん
2008/02/11 22:44
としおさん,さすが.目の付け所が違いますネ.
C編成は,他区からの転入車なので,転入の際にトレインマークを新調したのでしょう.
その際,既にJR東日本ではL特急という表現をやめていたので,Lマーク抜きでデザインされたものと思われます.
ツキだっ!
2008/02/12 18:51
こんばんは。幕張の183系も風前の灯ですね。田町と大宮にはまだ残っているのでしょうけど、寂しくなりますね。

私には183系-1000番台と189系の外観差異はよくわかりません。
しろの湯
2008/02/12 23:10
しろの湯さん、コメントをお寄せ下さり、ありがとうございます。
私は、183系には本当にお世話になったため、数を減らしつつあることが、とても淋しく思えて仕方がありません。
ツキだっ!
2008/02/13 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
183系9Bで運転 特急・新宿さざなみ号 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる