月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年冬・青春18きっぷの旅 〜芸備線・福塩線〜

<<   作成日時 : 2008/01/09 00:20   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

この日は,三次5:51発の三江線442Dに乗車し,日本海側に出る予定だったが,年末からの寒波は,勢力の衰え見せず,日本海側の天気予報は雪となっている.

前日,芸備線で降雪による列車遅延の影響を受けたことと,元日から,遅延の影響を受けてイライラするようではイヤなので,予定を大幅に変更して,太平洋側に抜けることにした.

画像

そこで,前日タクシー代行となってしまい,未乗区間のままとして残った塩町―備後落合間を踏破すべく,三次6:36発の芸備線350Dに乗り,備後落合に出た.備後落合到着は7:51である.

画像

備後落合の駅構内は,辺り一面雪で覆われていた.お手洗いの水は,凍結防止のため温水になっていたことから,雪に備えた設備=降雪が多い地域であることを,改めて知る.

350Dの降り返し357Dに乗車し,芸備線で三次まで戻る.備後落合9:14発で,列車はキハ120の単行だ.

備後落合発車時点では,三次から広島に出る予定だったが,塩町から福塩線に乗車した方が,時間にゆとりが生まれることに気付き,車内で計画を更に変更,塩町で下車する.塩町到着10:18着.

塩町で,乗り換え間合が1時間22分もあったが,いつも持ち歩いているPDAで旅の整理をしていたら,意外にあっという間だった.

画像

塩町から,福塩線1726Dに乗車し,府中に向かう.塩町11:40発で,府中13:12着だ.ちなみに,1726Dを逃すと,次は14時台の1728Dまでないから恐れ入る.

福塩線の非電化区間には,昨年10月にも乗車しているが,その時,車窓から見えた河佐峡の赤い橋を撮り損ねたことを思い出し,今回もチャレンジするが,長いトンネル(八田原トンネル/全長6,123m)を出たすぐの所にあり,集中力が途切れた時に現れたもんだから…今回も失敗しました.府中13:12着.

画像

府中からは,13:19発の254M.列車は105系の2連で,分散冷房に車体更新施工車と,関東在住の筆者には,見所の多い形態をしている.

正直,前日の2829Dから,乗車する列車はどれもキハ120ばかりで,飽きていたため,105系に乗れて良かった.105系って,気動車よりも走りが重い.MT55サウンドが懐かしい.未乗区間だった神辺―福山間をクリアしつつ,福山に14:01着.

画像

福山からは,14:26発の3742M・快速SUNライナー.車両は117系の4B.実は,福山で乗り換え間合3分しかないのに,福塩線105系の撮影に夢中になってしまい,先行列車が発車してしまった.

画像

幸い,後続の3742Mに救済され,その後は予定どおりに旅を進めることが出来た.元日の車内は空いていて,日中に山陽本線をのんびり旅するのは数年ぶりだったこともあり,これもまた,印象に残る行程だった.倉敷15:01着.

画像

倉敷からは,倉敷市15:06発の三菱自工前行き水島臨海鉄道の列車に乗車した.折り返し16:13発で,倉敷市に戻ってきた.なお,水島臨海鉄道の模様は,こちらをご覧下さい.

画像

倉敷からは16:44発の山陽本線1842Mで岡山に向かう.ここからは,帰京のための行程となる.1842Mは213系2Bの運用で,本四備讃線で活躍していた頃を思い出し,とても味わいのある行程であった.岡山17:05着.

画像

岡山で,クハ212-100の増設運転台側を観察する.窓を塞いだ跡があり,あまりスマートではないが,加工が難しいステンレスボディの車両を,よくぞ先頭車化改造したものだ.なお,JR東日本は,213系とほぼ同じ構造である余剰のサハ211を,再活用せず廃車としている.これは,改造時の車体強度不足が理由とされている.

岡山からは,17:23発の姫路行き普通1328M.115系の4連で,座席にありつけた.アコモ改善車だったが,シートの背ずりが体にうまくフィットしない.筆者の体には,ボックスの直角座席の方が落ち着くみたい.岡山―姫路間の在来線は,輸送力が不足気味で,この区間を利用するとき,混雑がイヤで新幹線に逃避することが多いが,元日ということもあって,輸送量が比較的少なかった.姫路18:48着.

画像

姫路からは新快速3302M.姫路18:57発で米原21:22着である.列車は223系の8連で,先頭車の座席はほぼ埋まった.草津辺りで先頭クモハの動軸が空転するようになった.側窓からは分からないが,小粒の雨が降っているようだ.

米原からは,313系6連の新快速5364F.上り列車の接続のため,米原発車が6分遅れた.レチさんは,駅での停車時分を極力短縮するための努力をしているが,大垣までの回復はわずか1分で,線形に恵まれない大垣―米原間では回復運転もままならない.岐阜22:06着(所定時刻の場合).

画像

実は,岡山駅で乗り換えの際に,駅弁「津山線 おい椎 鶏べんとう」を購入した.朝から食事らしい食事を摂っていなかったため,早く食べたかったのだが,車内では食べられるような雰囲気ではなく,ずっとお預けとなっていた.待合室で,ようやく食べることが出来た.

画像

岐阜からは,23:12発の9390M・快速ムーンライトながら92号に乗車する.189系の10連で,今までの経験から,足が伸ばせる通路側をリクエストしておいた.これで,足元が少しだけ楽になったが,何故か,寝ようとすると眠れない.品川5:12着.

以上で今回の旅は終了となる.筆者は,そのまま川崎大師へ向い,初詣を済ませてから帰宅した.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年冬・青春18きっぷの旅 〜芸備線・福塩線〜 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる