月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田急 小田原駅授受線

<<   作成日時 : 2008/01/24 18:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

改良工事の際に撤去されたが、小田原駅には、小田急とJRとの間に授受線があった。貨物営業していた頃は、小田急のデニが国鉄ホームまで乗り入れていたという。

画像
画像

また、甲種回送されてきた車両は、ここから小田急に入線していた。

画像

ここの写真は、東急車輌にて8連化改造された2600系が、小田急に回送されてきた際のものである。小田急線内の牽引は、デキが担当していたが、既に廃車となっている。

画像

小田急の甲種回送は、その後、あさぎりが使用する松田駅の連絡線経由に変更となった。小田原駅の改良工事に伴い、授受線を撤去する必要が生じたからである。

画像
↑甲種回送時は営業線上では見られない2600系先頭車同士の連結も見られた

御殿場線経由の甲種回送は有効長に限りがあり、8連・10連は、分割されて回送される。甲種回送時は、松田連絡線を介して、EF65型機関車が小田急新松田駅構内まで乗り入れる。

画像

また、同じVVVF化工事でも、2600系の頃は車両メーカに発注していたが、いま行われている8000系のVVVF化工事は、小田急の大野工場にて行われている。全般検査や重要部検査などの検査周期が、延長されたことにより、工場の処理能力に余裕が生まれたのが理由と思われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
小田急のデキいいですね〜(^^♪
国鉄との授受線、今となってはとっても貴重な写真ですね。
現在では大手私鉄の電機はほぼ絶滅していますから、ちょっと寂しいですね。
コットン・シュガートレイン
2008/01/31 08:58
コットン・シュガートレインさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
言われてみれば,私鉄の電機は数を減らしていますね.
ツキだっ!
2008/02/01 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田急 小田原駅授受線 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる