月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 三連休パスの旅 〜ぐるり三陸編〜

<<   作成日時 : 2007/12/14 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

三連休パス3日目は、十和田観光電鉄・八戸線・三陸鉄道北リアス線・釜石線を辿って、北上に出るルート。


宿泊した八戸から三沢に向かう。列車は563Mで701系。八戸6:15発−三沢6:34着である。出庫したばかりの早朝の列車なのに、車内は暖房が効いていて暖かい。

画像

三沢では、十和田観光電鉄の乗車と撮影を楽しんだ。十和田観光電鉄の三沢駅舎は、風流で趣がある。十和田観光電鉄での模様はこちらをご覧下さい。

十和田観光電鉄の訪問を予定より早めに切り上げて、568Mで八戸に戻る。三沢9:13発−八戸9:34着だ。

画像

八戸からは10:16発の八戸線433Dで久慈まで行く。八戸線にはこれと言って興味がなく、ただ乗り潰しのために海側のルートを選んだに過ぎなかったのだが、なかなかどうして、これが、車窓の素晴らしい路線ではありませんか。

画像

八戸で買った,海の幸いっぱいの駅弁「海鮮小わっぱ」を食べながら,列車に揺られる.車窓には青い海が続く.最高の贅沢である.

画像

433Dは普通列車ながら“うみねこ”という愛称が付いており、キハ48・2連の専用編成で運転される。車内はリクライニングシートが並ぶ。そう言えば、国鉄末期に新幹線の発生品シートを流用したキハ58の“うみねこ”編成があったことを思い出す。ジョイフルトレインとしては初期の頃に属する車両で、当時は目を見張ったものである。久慈12:04着。

画像 画像

久慈では、2時間の乗り換え間合いを利用して三陸鉄道の車両を撮影する。しかし、帰宅後に撮影データを損傷し、八戸線以降の画像を失っている。

画像

久慈からは14:12発の三陸鉄道北リアス線116Dに乗車し、宮古まで行く。車両はカラーパターンが一般車とは逆の36-1200形。リクライニングシート装備車である。

画像 画像

ツアー客の団体との混乗で、やや居心地が悪かった。みな、海岸側の座席に集中し、山側の座席は空席が目立つというアンバランスさ。急ぐ人のために片側を空けたエスカレータみたい。

画像

田野畑駅の近くにある川の水門が、三陸鉄道の車両然としているところが面白い。15:43着。

画像

宮古からは釜石線5654D。15:53発−釜石17:07着である。初めて乗車する路線だが,だんだん辺りが暗くなってきて,車窓が楽しめない.キハ110型は気動車であることを忘れるくらい,軽やかな走りである.JR東日本の標準車だが,良い車両だと思う.


釜石からは17:10発の盛岡行き直通釜石線1660Dに乗車する.83.8kmの行程を2時間8分の所要時分で結ぶ.暗くて車窓が楽しめないため,車内でPDAにて旅の整理をして過ごす.


同じキハ110でも,釜石までの車両(左)と,カーテンの柄が違うことに気付く.

花巻からは,北上行き2542M.車両は701系で,花巻19:28発―北上19:38着である.簡素な造りに見える外観からは想像がつかないが,701系の走りはパワフルで,なかなかの実力派である.空いている限り,ロングシートも悪くはない.

北上からは,いよいよラストの行程.68B・やまびこ68号に乗車する.E2系の10連.北上19:55発だ.

画像

北上発車時点では車内にゆとりがあったが,仙台から大量の乗車があって満席となった.三連休パスは指定席を4回までリクエスト出来るが,やまびこ68号の指定券を確保しておいて良かった.出来れば,3日間で6回まで指定出来ると良いと思う.

以上で三連休パスを利用した旅のレポートは終了です.

画像

いつも利用している青春18きっぷとは違い,JR東日本エリアの特急・新幹線が乗り放題の三連休パスは,時間に無駄のない効率的な予定を組むことが出来,かねてから行きたいと思っていた個所を訪問することが出来た.

なお,SDカードのトラブルにより,3日目後半の画像を失ってしまったが,カメラのキタムラの復旧サービスを利用し,見事,画像を復活させることが出来た.画像を失った当初はショックで肩を落としたが,復旧した今では,「終わりよければ全て良し」で,とても良い思い出になった.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三連休パスの旅 〜ぐるり三陸編〜 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる