月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田急新4000系デビュー

<<   作成日時 : 2007/09/22 21:26   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

3代目の地下鉄直通形式となる,小田急新4000系が本日9月22日より営業を開始した.今週は小田急線内のみの運用だが,来週からは地下鉄千代田線への乗り入れも開始する.

小田急線内には5月に搬入されている.3000系の時よりも,デビューまでかなり時間を要しているが,これは,東京メトロ側の訓練も必要だからである.試運転列車など,撮ろうと思えば今までもチャンスはあったが,なぜかテンションが上がらず,営業開始日が最初の撮影となった.

3000系が300両以上の大所帯になった今では,もうそれほど驚かないが,新4000系も小田急らしさが感じられない.E233系に,小田急らしさを求めるのがナンセンスということなのだろう.

画像

写真は営業1番列車なのだが,ご覧のように特別装飾が施されているわけでもなく,営業開始が公式にアピールされたわけでもない.一部駅の掲示で営業開始を知った次第.

パスモに切り替わったため,記念のパスネットも発売されず,パンチに欠けるスタートとなった.

10両固定編成が入れる地上線運用は限られているため,千代田線への乗り入れを開始するまで限定運用となる.初日も,喜多見から出庫して,朝の下り準急列車1本に充当されたのち,喜多見へ入庫となってしまった.

画像

なお,初代の地下鉄直通形式である9000系は,2006年5月に営業を終了している.千代田線乗り入れ運用に就いた期間は意外に短く,1000系に譲った後,専ら地上線用として活躍した.

画像

2代目の1000系は,10両固定編成は引き続き千代田線乗り入れ運用に充当されるが,分割編成は地上線運用に転用され,5000系を置き換える.

ところで,小田急と千代田線の相互乗り入れ運転は,来年で30周年を迎える.

当初は協定で本厚木までの準急列車のみの設定,しかも平日のみであったが,その後,土休日にも運転されるようになった.

画像

運転区間も,当初の本厚木までから,一部を除き相模大野までと短縮され,これがしばらくして,多摩線直通へと系統の振り替えが行われた.

直通列車は,協定上,準急に限定されダイヤ構成上のネックになり,「スキップ準急」という苦肉の列車が設定されるなどしたが,協定が改められ,多摩急行という種別が新設されたほか,急行も直通列車として設定出来るようになり,現在に至っている.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パスモ 小田急カードでオトクに使おう!
パスモは小田急でも使えます。小田急線は新宿から下北沢⇒成城学園といった人気スポットを通り、多摩方面や町田、そして箱根や江ノ島といった観光スポットまで行くことができる便利な私鉄ですよね。パスモは小田急電鉄に乗るだけでなく、小田急や小田急関連の... ...続きを見る
パスモを使おう!(PASMOでオートチャ...
2008/01/19 10:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田急新4000系デビュー 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる