月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 開成駅前NSEの運転台見学

<<   作成日時 : 2007/04/08 20:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 4

画像

この春の青春18キップは,5回分8000円と破格の値段設定で,遠くに行けば行くほどお得だったわけだが,春眠暁を覚えず…布団の温もりに勝てず寝坊したり,家庭の都合等で,静岡往復が最遠だった.

8日の日曜日は,最後の1回分を消費するため,静岡に行くつもりで湘南新宿ラインに乗ったが,終点の小田原に着いた頃にはトーンダウンしてしまい,小田原で下車した.

筆者は,春先は精神状態が不安定になりがちである.

結局,小田急線開成駅前のロンちゃんを見に行くことにした.

皆さんは既に御存知だろうが,念のために,開成駅前のロンちゃんとは,小田急3100型ロマンスカーNSEのことである.1999年のNSE運用終了まで,3181×11編成の新宿型先頭車として活躍していたデハ3181号が保存されている.

画像

まだ運転台を見学したことがなかったので,訪ねてみようと思っていた.幸い,第2・4日曜日は車内の公開日で,見学することが出来た.

NSEには数え切れない程乗車したが,運転室はシークレットルーム構造なので,足を踏み入れるのは今回が初めてである.

画像

運転台を見学しての印象は狭い.それに暑い.天井が低く,立つことが出来ないので,ちょっとした移動もしゃがんで行うことになるため,外観のイメージとは裏腹に,乗務は大変そうだ.会社によっては,労使間闘争のネタにされそう.ちょうど,スポーツカーのように足を投げ出す格好で運転することになる.

画像

視界は良いが下方向の視認性は利かず,直下の入換信号機が見辛そう.NSE導入時に,電気機関車に櫓を組んで,NSEの高さからの信号視認性を確認する試験が行われている.

画像

見学後は,徒歩で大雄山駅まで行き,大雄山線に乗車した.大雄山構内にコデの姿が見えなかったのが気になった.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
引退から10年 小田急3100型NSEについて今一度語る
小田急ロマンスカー3100型・NSEの引退から、7月で10年を迎える。そこで今回は、NSEの思い出を書いてみたい。なお、3161×11“ゆめ70”は、団体用として2000年4月まで残存し、運用されたので、厳密な意味では10年を経過していないが、NSEが定期運用から離脱したのが1999年7月のことであるため、それを節目にすることとした。 ...続きを見る
鉄道基準
2009/05/17 17:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはツキだっ!さん
初めてロマンスカーの運転台見ました
パノラマカーと全然違うんですね
運転席の所に扇風機とか置いてないんですか?
ほっくん
2007/04/08 23:47
アナログな運転席、時代を感じますね。あの構造だと狭いでしょうね、名鉄7000なんかも狭いでしょうね。
としおちゃん
2007/04/10 08:08
こんにちは。
私はまだ、NSEの運転席に入ったことがないので、いつか行きたいと思っていました。 月に2回の見学の日、混雑はどうでしたか?
クキ
2007/04/12 10:46
みなさん,コメントをいつもお寄せくださり,ありがとうございました.
ツキだっ!
2007/04/22 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
開成駅前NSEの運転台見学 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる