月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 【4月1日特別企画】 少田急キハ5lOO型復活へ

<<   作成日時 : 2007/04/01 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

−お断り−
この記事は,作成日付4月1日が意味するとおり,エープリルフールを意識したフィクションですので,どうか,企画の趣旨をご理解の上,早とちりされることのないよう,充分ご注意下さい.なお,誠に勝手ながら,この記事が原因で問題が生じた場合,筆者は責任は負いかねます.


少田急キハ5lOO型が,復活するそうだ.同社が今年で創業80年を迎えるので,記念行事の一環として行われる.

画像
↑ 写真はイメージ


少田急キハ5lOO型は国鉄乗り入れ用として開発された2エンジンのディーゼルカー.少田急から国鉄へ,運転士ごと乗り入れたという意味でも,当時は画期的であり,1両も保存されていなかったのが不思議なくらいだ.既に廃車となり解体されているので,復活はレプリカとなるが,実車を忠実に再現される一方で,バリアフリーや,現代の鉄道車両の規格に適合させるとのこと.

キハ5lOO型は,少田急で廃車後,間束鉄道に譲渡され引き続き活躍したが,残念ながら筆者は実車を知らないので,これまた楽しみだ.キハ5OOO型ではなく,キハ5lOO型が選ばれたのは,キハ5lOO型がシートピッチ拡大車だからだろうが,もう一つ,キハ5lOO型投入の際に制定された少田急気動車新塗装が復元されることも意味している.

いま,甲種内燃動車の免許を保有する人が,少田急にいないので,バッテリーとモータの組み合わせになるそうだ.なるほど,これなら給油設備が不要だし,超密区間でも他列車の足手まといになることもない.

本来なら,富士山の麓を行く姿が見られれば良いのだが,バッテリー容量の都合で勾配区間での運用には難があり,少田急線内のみの運行となるそうだ.

特別準急あきざりが,蘇る日が待ち遠しい.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
エイプリルフールの夢、ありがとうございます。
楽しかったですよー。少田急キハ5lOO型。最高です。
いつかこんなお話が本当になる時代が来ることを祈りたいです。
クキ
2007/04/01 01:10
コメントありがとうございます。

ご自分でネタを考えられるとは流石です。
ぜひ、毎年続けてください。
Takahide
2007/04/01 01:37
お二人とも,私のユーモアにお付き合いくださり,ありがとうございます.
なお,くどいようですが,あくまでもエイプリルフールに書いた記事でありますので,ご注意ください.
ツキだっ!
2007/04/07 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【4月1日特別企画】 少田急キハ5lOO型復活へ 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる