月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 消防学校の小田急2600系

<<   作成日時 : 2006/06/04 00:59   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

小田急2600系のクハ2657号が,神奈川県消防学校に人身事故訓練用として設置されている.かねてから見に行きたいと思っていたが,日曜日に行ってきた.

所在地は厚木市だが,実際は伊勢原市との境界近くにあり,伊勢原の方が近い.

消防学校に到着すると,すぐにクハ2657号の存在を確認できた.しかし,保存車特有の,そうでなくとも,消防学校の場合,車両保存が目的ではないので,血色のないボディをしている.特に,小田急営業線上における位置称呼で海側の痛みが激しく,興ざめだ.

画像


せっかく見にきたのに,何となく目を覆いたくなるような有様にがっかりする.ちょっと不気味にすら見える.ただ,前述のように,この車両の保存が目的ではないので,それは仕方がない.

小田急2600系は、主に新宿口の各停用として製造された。当初は6両編成22本だったが、平成4年から一部が8連化された。

このクハ2657号も8連化された編成で、併結運用がないため電連が撤去されているほか、運転台窓が金具押さえ化されており、前面窓の黒の縁取り部分が、若干幅広に見える。

6連と比べて、各停や準急など地味な運用が多く運用範囲も限られていたが、逆に8連化されたことによって、単位輸送力が大きくなったので、最後まで新宿口での運用に就いた点が、過去の小田急通勤車と違って恵まれていた。

8連の編成は、6連より後期に車体更新されたので、車内はデコラがツヤツヤで、あまり古さを感じなかった。

画像

筆者が訪れたときは、側面の方向幕が「急行箱根湯本」を表示していたが、8連は有効長の関係で登山線には乗り入れられなかった。

画像

↑ 現役当時のクハ2657号ほか8連 夜は特に黒地に黄文字の「準急」表示が美しく映えた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京消防庁消防学校の施設
4月の桜が咲く頃になると、東京消防庁採用試験に合格した人が入庁し、消防学校に入校する時期なんですよね。世界トップの消防学校ではないかというくらい立派な... ...続きを見る
東京消防庁を目指す!!消防官への道
2007/03/21 02:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消防学校の小田急2600系 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる